特色
FEATURES

婦人科診療について

婦人科良性腫瘍である子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮内膜症や、
婦人科悪性腫瘍である子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌の治療を行っています。

 良性腫瘍に対して治療方針を相談の上で、手術を選択するかどうかを決めます。手術の場合は積極的に腹腔鏡手術を行っています。またホルモン療法と腹腔鏡手術を組み合わせて手術リスクの低減や再発予防を近隣の婦人科クリニックと連携して行っています。手術しない場合は、近医と連携して定期検診のフォローを行っています。また子宮内膜症はガンが発生や不妊症のリスクがあるため、治療を行わない場合でも定期検診を勧めています。

 悪性腫瘍に対しては手術療法、化学療法、放射線療法などガンに対する集学的治療を行うことができます。早期の子宮体癌と子宮頸癌では、保険診療の施設認定を受けて腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術を行っています。遺伝性乳癌卵巣癌症候群やリンチ症候群(子宮体癌)では、臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラーとの遺伝カウンセリングを行うことができます。またガンの疼痛に対しても、緩和医療科と連携して早期から痛みをとる緩和ケアを積極的に行っています。

代表的な婦人科疾患

子宮内膜症

腹腔鏡手術
卵巣チョコレート嚢腫摘出術、子宮付属器切除術、癒著剥離術
その他の治療
薬物治療(ホルモン療法など)、開腹手術

子宮筋腫

腹腔鏡手術
子宮筋腫核出術、子宮全摘術
子宮鏡手術
子宮鏡下筋腫核出術
その他の治療
薬物治療(ホルモン療法など)、開腹手術など

子宮腺筋症

腹腔鏡手術
子宮全摘術、子宮腺筋症病巣除去術
その他の治療
開腹手術、薬物治療(ホルモン療法など)

子宮頸癌

腹腔鏡手術
子宮全摘術、付属器切除術、骨盤リンパ節郭清術
その他の治療
円錐切除術、開腹手術(単純子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘術)、放射線療法、化学療法

子宮体癌

腹腔鏡手術
子宮全摘術、付属器切除術、骨盤リンパ節郭清術
その他の治療
開腹手術(傍大動脈リンパ節および骨盤リンパ節郭清術)、放射線療法、化学療法

卵巣癌

腹腔鏡手術
子宮全摘術、付属器切除術、傍大動脈リンパ節および骨盤リンパ節郭清術、大網切除術
その他の治療
放射線療法、化学療法

卵巣腫瘍

腹腔鏡手術
卵巣腫瘍摘出術、付属器切除術
その他の治療
開腹手術

卵巣腫瘍茎捻転

腹腔鏡手術
 
その他の治療
 

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

内服療法
排卵誘発剤(クロミフェンなど)、ステロイドなど

性器感染症(クラミジア、淋菌、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、腟トリコモナス症、カンジダ外陰腟炎など)瘍

内服療法
抗菌薬など
注射療法
抗菌薬など
その他の治療
塗布剤や外科的手術など

診療実績

  2015 2016 2017 2018 2019
子宮頸癌 9 12 16 8 11
子宮体癌 15 19 22 29 23
卵巣癌 12 26 28 24 24
開腹良性手術 75 105 70 26 27
腹腔鏡手術 174 173 260 297 232
子宮鏡手術 45 42 30 38 26
円錐切除手術 83 65 72 57 57
その他 4 4 3 4 6